フッ素コーティング剤でメヤニを生じさせず成形作業の効率向上へ

女性作業員と工場

ワックス系よりも扱いが楽で業務スピードアップできるフッ素系離型剤

ドリル

離型剤の代表格としては、ワックスが主成分のワックス系離型剤と、フッ素コーティング剤が主成分のフッ素系離型剤がよく知られています。これからプラスチック製品等の製造販売業を始めるところで、自社製品の成型に適切な離型剤を選択したいと希望しているなら、まずはフッ素系離型剤を採用する方向で検討してみてはいかがでしょうか。
その理由はいくつかありますが、まず、フッ素系離型剤はメヤニが出にくく、成形物からメヤニを除去するという後処理の手間と時間を省くことができます。更に、ワックス系の離型剤を使うと、金型表面に塗布した離型剤が、成形物を取り出す段階で、成形物の方に転写してしまうという現象がよく起こります。メヤニ同様、これも成形物を洗浄するなどして取り除く作業が必要になりますが、フッ素系離型剤を使うと、このような後処理をしなくて済みます。
規格品の製造販売業では、いかに単位時間あたりに多くの製品を作れるか、その効率の良さが、ビジネスを成功させる上での一つの重要なファクターになります。それを考えると、成形過程において余計な作業をする必要がなく、よりスピーディに業務をこなせるフッ素系離型剤を採用するのが正解と言えるでしょう。

フッ素コートの離型剤の特徴や効果

フッ素コートの離型剤は、常温で使用することができます。粘着性や付着力が低くなるため、高い離型性が期待できるという特徴があります。プラスチックやゴムなど樹脂成形するときに金型に離型剤として利用すると、樹脂やゴムの付着を低減します。金型通りの成形品を作れるので、生産性が向上します。
フッ素コートは離型性が高く、毎回離型剤を塗り替える必要がないので、連続して成形することができます。乾性被膜が作れるので、金型から取り出したときに成形物への付着が極めて少なく、べたつきがないので成形物はそのまま使用することが可能です。薄い膜厚のフッ素コーティングで、微細な形状をしている金型にも対応することができ、正確に離型します。安全なため、製造現場で塗布できることもメリットです。再塗布後もすぐに離型性を発揮します。
メヤニに対しても効果があります。樹脂成型の際に、金型の端にたまりやすい樹脂を防ぐ効果があります。メヤニができにくくなり、メヤニ処理にかける時間を必要としないだけでなく、製品の質を向上させます。
フッ素コーティングは、防汚性を高くするという特徴もあります。表面張力が低いことも関係します。汚れが吸着しにくいという効果があり、汚れが付きにくく除去しやすいので、きれいな状態が長続きします。

より的確な離型剤選択のためフッ素コート剤専門メーカーに相談しよう

離型剤の選択にあたっては、実に様々なことを考慮する必要があります。離型剤選択の際、ごく一般的な指標として、離型効果の高さやメヤニが生じにくいかどうか、現場で使える製品があるかどうかといった観点で製品チェックを行うことは重要です。
成形作業において、作業のスムーズさは注目するポイントです。成形する作業だけでなく、出来上がった際にメヤニが生じれば、それを取り除く工程が差し込まれ、その間成形作業が中断してしまいます。そうした無駄な時間を省くことができるのであれば、優れた離型剤を選ぶのは必然でしょう。
しかし、そうした点だけを確認すれば、自社製品の成型に使うのにベストな離型剤選択が出来るかというと、そうとも言い切れません。そのため、例えば、フッ素系離型剤を採用候補として考えているなら、いきなりいろいろな製品を買って試してみるよりも、フッ素コート剤専門メーカーに相談の上、そこで購入する方が何かとメリットが多いでしょう。
フッ素系離型剤は、そもそもがフッ素コーティング剤が付与する非粘着性というユニークな特性を応用した離型剤です。そのため、フッ素系離型剤使用にあたってのノウハウを理解するためには、フッ素コート剤を専門に扱うメーカーと直接話をするのが一番です。フッ素系離型剤は、使用量が少なくても確実に離型でき、メヤニも生じにくいと言われています。自社製品の形状やサイズを踏まえて相談することで、具体的にどの程度の量を使えば最適なのか、より正確に知ることが出来るでしょうし、それにより、購入すべき離型剤の数量も明確になるでしょう。


フッ素系離型剤を取り扱う専門業者【フロロテクノロジー】の離型剤を使用してメヤニを防止し成形過程を効率よくしましょう!タイプも様々なのでぜひ一度お問い合わせを!

離型剤で作業効率や生産ノルマを上げる

製造業において離型剤を使用すると、作業効率を上げることができます。ゴム製品やプラスチック製品などを取り扱っている製造現場では、生産ノルマを向上させることも可能です。フッ素コーティング剤の離型剤は、金型に塗布するときに刷毛やスプレーを使って行うものが便利です。離型剤は1度塗布すると効果が…

MORE

モノづくりの現場ではフッ素コート剤の離型剤が便利

シリコン製品やゴム製品を作っている製造現場では、素材を成形したい形の金型に流し込み、成形後に外して製品としての仕上げをします。離型剤とは、金型から製品を外すときに使用します。離型剤にはいろいろありますが、フッ素コート剤が主成分であるものは、離型を効果的にする作用があります。フッ素コート剤の性質…

MORE

フッ素コーティングの離型剤の様々な効果

製造工程の中で使用する金型に求められる事は、樹脂材料など使用する材料が金型に貼り付かないことです。撥水性と防錆性があり、フッ素コーティングで金型を保護することも重要です。シリコーン系の離型剤を使用した場合、性能は満たされるものの、被膜が剥がれやすいというデメリットがあります。そして、被…

MORE

引火性がない離型剤で安全を確保

プラスチックやシリコン、ゴム製品など取り扱っている製造現場では、成形作業時に離型剤を使用します。金型を使って成形するときに、成形品を外しやすくするためで、きれいな製品が効率よく製造できるようになります。この時に性能や利便性を考えて選ぶと、フッ素コート剤の離型剤になります。フッ素コート剤…

MORE
TOP