フッ素コーティング剤でメヤニを生じさせず成形作業の効率向上へ

女性作業員と工場

フッ素コーティングの離型剤の様々な効果

製造工程の中で使用する金型に求められる事は、樹脂材料など使用する材料が金型に貼り付かないことです。撥水性と防錆性があり、フッ素コーティングで金型を保護することも重要です。
シリコーン系の離型剤を使用した場合、性能は満たされるものの、被膜が剥がれやすいというデメリットがあります。そして、被膜層は熱に弱くなります。
フッ素コーティングのメリットは、分子構造の被膜を形成するため、非粘着性で耐熱性があり、撥水性や防錆性も備わっています。一般的に、約260℃まで対応することができます。高温の材料を成形するときも、フッ素コーティングの離型剤は使用することが可能です。長持ちするため成形するたびに離型剤を塗布する必要はありません。フッ素コーティングの被膜は、ものすごく薄いので、成形品の大きさに影響を与える心配もなくなります。他に、耐摩耗性や飛散防止性もあります。金型に使われている金属基材が摩耗したり、飛散して成形品に異物として混入することも軽減できます。
メヤニ対策にも使用されています。成形品にメヤニができると、不良品になり商品としての価値がなくなってしまいます。隅々まで金型通りに成形することで、より良い製品になり作業効率も上がります。

離型剤で作業効率や生産ノルマを上げる

製造業において離型剤を使用すると、作業効率を上げることができます。ゴム製品やプラスチック製品などを取り扱っている製造現場では、生産ノルマを向上させることも可能です。フッ素コーティング剤の離型剤は、金型に塗布するときに刷毛やスプレーを使って行うものが便利です。離型剤は1度塗布すると効果が…

MORE

モノづくりの現場ではフッ素コート剤の離型剤が便利

シリコン製品やゴム製品を作っている製造現場では、素材を成形したい形の金型に流し込み、成形後に外して製品としての仕上げをします。離型剤とは、金型から製品を外すときに使用します。離型剤にはいろいろありますが、フッ素コート剤が主成分であるものは、離型を効果的にする作用があります。フッ素コート剤の性質…

MORE

フッ素コーティングの離型剤の様々な効果

製造工程の中で使用する金型に求められる事は、樹脂材料など使用する材料が金型に貼り付かないことです。撥水性と防錆性があり、フッ素コーティングで金型を保護することも重要です。シリコーン系の離型剤を使用した場合、性能は満たされるものの、被膜が剥がれやすいというデメリットがあります。そして、被…

MORE

引火性がない離型剤で安全を確保

プラスチックやシリコン、ゴム製品など取り扱っている製造現場では、成形作業時に離型剤を使用します。金型を使って成形するときに、成形品を外しやすくするためで、きれいな製品が効率よく製造できるようになります。この時に性能や利便性を考えて選ぶと、フッ素コート剤の離型剤になります。フッ素コート剤…

MORE
TOP