フッ素コーティング剤でメヤニを生じさせず成形作業の効率向上へ

女性作業員と工場

引火性がない離型剤で安全を確保

プラスチックやシリコン、ゴム製品など取り扱っている製造現場では、成形作業時に離型剤を使用します。金型を使って成形するときに、成形品を外しやすくするためで、きれいな製品が効率よく製造できるようになります。この時に性能や利便性を考えて選ぶと、フッ素コート剤の離型剤になります。
フッ素コート剤の離型剤は、成形品を金型から取り出したときに、フッ素樹脂の被膜で製品をフッ素コーティングすることになります。非粘着性や汚れが付きにくいなど保護する役目をします。そのため、金型から成形品が分離しやすくなり、メヤニができることも減らせます。成形でメヤニができると、商品価値が下がってしまうからです。
フッ素コート剤の離型剤は、不燃性の液体になります。製造現場で引火性がないことは利便性に優れており、現場で安心して作業することができます。さらに、成形作業が大量になるほど使用する離型剤の量が増えます。途中で離型効果が薄れてくると、再度塗布することになるため、現場では大量の離型剤を保管することになります。使用するだけでなく保管する必要も出てくるため、引火性がない離型剤は火事のリスクを減らし、安全な作業環境を作ることができます。

離型剤で作業効率や生産ノルマを上げる

製造業において離型剤を使用すると、作業効率を上げることができます。ゴム製品やプラスチック製品などを取り扱っている製造現場では、生産ノルマを向上させることも可能です。フッ素コーティング剤の離型剤は、金型に塗布するときに刷毛やスプレーを使って行うものが便利です。離型剤は1度塗布すると効果が…

MORE

モノづくりの現場ではフッ素コート剤の離型剤が便利

シリコン製品やゴム製品を作っている製造現場では、素材を成形したい形の金型に流し込み、成形後に外して製品としての仕上げをします。離型剤とは、金型から製品を外すときに使用します。離型剤にはいろいろありますが、フッ素コート剤が主成分であるものは、離型を効果的にする作用があります。フッ素コート剤の性質…

MORE

フッ素コーティングの離型剤の様々な効果

製造工程の中で使用する金型に求められる事は、樹脂材料など使用する材料が金型に貼り付かないことです。撥水性と防錆性があり、フッ素コーティングで金型を保護することも重要です。シリコーン系の離型剤を使用した場合、性能は満たされるものの、被膜が剥がれやすいというデメリットがあります。そして、被…

MORE

引火性がない離型剤で安全を確保

プラスチックやシリコン、ゴム製品など取り扱っている製造現場では、成形作業時に離型剤を使用します。金型を使って成形するときに、成形品を外しやすくするためで、きれいな製品が効率よく製造できるようになります。この時に性能や利便性を考えて選ぶと、フッ素コート剤の離型剤になります。フッ素コート剤…

MORE
TOP